【ジャケットの質の良さは衿に現れる】

 

こんにちは

今日はジャケットの質の良さについて学びましょう♪

 

名称未設定

 

出典:ZEROYON LABORATORY

 

 

ジャケットをお仕立てする際に、最も難しい工程はどこかご存知でしょうか?

それは『衿』の部分です。

 

スーツの衿は上襟と下襟に分けることができます。
上襟を「カラー」下襟を「ラペル」と呼ぶのですが、その中でもラペルの終わりのロールの部分を確認しましょう。

 

あなたのスーツいかがでしょう?着目してみてください。
 

この襟の返りを醸し出すためには、衿の部分を見た時に、この返りの部分が緩やかな曲線を描いているかどうかであり。左の写真と右の写真の違いには気がつきましたでしょうか?

 

ここの部分でそのスーツが丁寧に仕立てられているか否かが一発で分かるのです。
職人の手で仕立てられたハンドメイドスーツは、衿の部分が緩やかな曲線になります。

 

その理由は「毛芯」という正体です。
毛芯かどうかはジャケットの襟の裏に小さく波打っているような形で
ステッチがあるかどうかで判断がつきます。毛芯は高い技術を要する、
良いスーツの印なのです。

 

名称未設定

出典:ZEROYON LABORATORY

 

吊るしのスーツでは、「毛芯」ではなく、接着芯が使われているためラペルのふんわり感や弾力もありません。

 

また日本人の男性は欧米に比べると、胸板が薄いですよね。そのため、下襟の部分が柔らかな曲線を描く、返りの曲線にこそ男性的らしさや男性的なシルエットを生み出します。

 

確かな技術を持った職人がハンドメイドで仕立てたからこそ、できる技術であることを
覚えおきましょう。試着の時は鏡を見てしっかりと「衿の曲線」を確認してくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Dandyism JAPAN H.P.
http://dandyism-japan.jp/

住所:東京都渋谷区神宮前4-2-17

□お気軽にお問い合わせください□
問い合わせ電話番号:03-6440-9778
(電話受付可能時間9:00~19:00)

メールアドレス  :info@dandyism-japan.jp

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*11月1日よりDandyism JAPANは、メンズエステサロンBRUSH PITとコラボして運営しております。

ご予約は2.3日前までに

余裕をもってご連絡いただけますと
よりスムーズなご案内が可能になります。
出張採寸も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【ウォームビズにぴったりなツイードの魅力】

こんにちは。
今ではウォームビズファッションが定着しておりますが、皆様のウォームビズスタイルはどんな感じでしょうか??

 

いわばクールビズの冬バージョンの位置付けで、保温効果の高いインナーや、カーディガン等と着用して暖房の温度を一定にして省エネを推進する活動です。

 

冬のスーツを購入は、紡毛(ぼうもう)素材のスーツですね。

 

紡毛とは何か?それは表面がフワフワとして毛羽立った太い糸のことです。
柔らかく起毛しやすく保温性に富んでいるため冬用の厚地のジャケットなどに用いられます。

フランネルやサキソニーといったスーツ生地になります。

 

今日はそんなウォームビズのこの時期にピッタリなジャケット
をお伝えしたいと思います。

 

それは何かというと・・・ハリスツイードのジャケットです。

 

 

 

 

ハリスツイード名称未設定

 

出典:blog.nanouniverse.jp

 

このようななタグ見たことありませんか?

ハリスツイードとは・・・、
ツイードの産地であるスコットランド北西部に位置するハリス島産のツイードのことを示しています。

 

とても保温性が高い機能性だけではなく、ここ数年はクラシックへの回帰で人気が高いアイテムとなっています。また耐久性にも優れているため、一度購入して丁寧に扱って着用すれば、10年は着ることは可能なんですよ。

 

またツイードはデニムとも相性がいいので、休日のカジュアルジャケットでも大活躍してくれます!

 名称未設定

出典:fuckyeahnickwooster

名称未設定

 

出典:17 Letters From Arkansas.

 

 

 

ウォームビズではジャケット中に何かを着こむ機会が多いですが、こんな風に敢えて素材で楽しむのもコーディネイトの楽しみでもありますね。

 

冬物アイテムは最終セールを迎えております。
気になる商品がありましたら、お気軽にご相談ください

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Dandyism JAPAN H.P.
http://dandyism-japan.jp/

住所:東京都渋谷区神宮前4-2-17

□お気軽にお問い合わせください□
問い合わせ電話番号:03-6440-9778
(電話受付可能時間9:00~19:00)

メールアドレス  :info@dandyism-japan.jp

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*11月1日よりDandyism JAPANは、メンズエステサロンBRUSH PITとコラボして運営しております。

ご予約は2.3日前までに

余裕をもってご連絡いただけますと
よりスムーズなご案内が可能になります。
出張採寸も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

2017年もスタート!

2017-01-04 07.40.38

2017年、Dandyism JAPAN元気に始動しておりますが

ご挨拶が遅くなりました。

本年度もDandyism JAPANをどうぞよろしくお願い致します。

 

昨年出産を経験してからというもの、洋服の価値観が変わりつつある私 加藤(makico)です。

今までは見た目1番。2番目に機能性。

そしてその値段とのバランスをみて物を判断していたのですが。。

 

子供が生まれてからは、動くことも多くなり
予想外の事も日常茶飯事。

そんな生活を送っていると以前と洋服の見方が変わりまして
1に機能性。2に見た目の良さ。になりました。

ステージが変われば、物を見る目も変わるものですね。

 

私が今季着ているコートがまさに。です。

今年はダウンコート。な毎日になってしまっています。

2017-01-04 13.29.05

過去の私を知っている方なら驚きかと思います。
しかもスニーカー。↑

 

以前の私、
ダウンコートに対する気持ちは

=そんなあったかくてラクなコートを着てしまったら
毎日ダウンコートを着てしまい、怠け癖の第一歩。
私のコーディネート脳は使用頻度が減るので、弱くなる。

楽チンな洋服こそ私をダメにする!
と思っていました。

そう、ダウンコートは絶対着ない。宣言をしていたのです。

とうとうデビューしてしまいました。

軽くてあったかい、汚れても一拭きでOK。ダウンコート!に今は
大変お世話になっております。
甘えといえば、甘えですが、こういう機能性の高いもののチカラを借りなければ。といったところでしょうか

自分の中でも驚きです。

そんな2017年。

皆様にお伝えする洋服の事も、私の価値観の変化により
今までとは違った角度でお話ができそうです。

 

遅くなりましたが、本年度もこつこつ学ぶ精神を忘れず
皆様に笑顔を届けられるようDandyism JAPAN一同務めて参ります。

 

どうぞよろしくお願い致します。

2017-01-03 16.59.54

 

 

Dandyism JAPAN
加藤

 

 

あなただけの洋服を、あなただけのスタイリングで、服と共に人生を楽しむスタイリスト常駐オーダーメイドサロン Dandyism JAPAN。ご要望に応じて、スタイリストがトータルでスタイリングを提案いたします。